読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名演から学ぶ、ジャズアドリブ研究

~脱初心者を目指す方へのジャズ研究ブログ~                                                              

MENU

"Just Friends" by Lee Morgan(2)

ではリー・モーガンのアドリブを分析してみます。この演奏に関しては動画にトランスクライブ(採譜)したものが無かったので、自分で部分的に採譜してみました。

 

   

 

この曲はFメジャーで演奏されることが多いですが、これはA♭メジャーキーでの演奏です。

 

ギターのエディ・マクファーデンによるテーマメロディと短いソロの後、ジミー・スミスのソロに入り、4:03あたりからモーガンの演奏が始まります。

 

まず出だしの部分です。(4:06~4:12)

 

f:id:loopin:20160807144521j:plain

 

このD♭m7はA♭メジャーキーにとっての同主短調A♭マイナーに存在するサブドミナントマイナーで、借用和音と呼ばれるものです。

 

D♭m7上の音は短7度(B♮=C♭)、完全5度(A♭)、短3度(E♮)の3音ですが、A♭M7の1拍目E♭音に対しE→D→E♭と半音上下の音を挟み込むように吹いています。

 

ある一つの音を目標にしてその音の半音上下からアプローチするこの手法は刺繍音などと呼ばれ、フレーズを滑らかにするとても効果的な手法です。ここでのモーガンのように、コードの変わり目に次のコードの構成音を目標にして半音を挟み込むといいでしょう。

 

A♭M7の2小節目の2拍目もこの半音上下で挟み込む形のフレーズですね。D♭(完全4度)→B(短3度)はC(長3度)へ向かう刺繍音とも解釈できます。

 

次にソロ2コーラス目の出だしです。(4:51~4:56)

 

f:id:loopin:20160807151442j:plain

 

2小節目のフレーズはマイナーペンタトニックを使ったかなりブルージーなフレーズ。ここの音使いはA♭、B(=C♭)、D♭、Dで、A♭マイナーペンタトニックスケールの1度、短3度、4度、減5度の音になっていますね。

 

前述の通り、D♭m7はA♭メジャーの同主短調A♭マイナーに存在するコードですから、このコード上ではA♭マイナーペンタがばっちりはまります。

 

次にこの曲のブリッジ(サビ)の部分ですが (6:37~6:43)

 

f:id:loopin:20160807152851j:plain

 

ここの場面にくると、何度かこんな感じのフレーズが出て来ます。事前に練っておいたフレーズかどうかは分かりませんが、きっとこれを下敷きにして吹いていると思しき場面が少なくありません。

 

1小節目はB♭m7をルートから途中増4度のEを経過して、短7度A♭まで駆け上がります。E♭7ではDから♭9thテンションのEまで半音上がった後、3拍目裏のG音から次のGΦ7のコードトーンを先取りしています。

 

この直後のフレーズですが、(6:43~6:46)

 

f:id:loopin:20160807155050p:plain

 

この部分のフレーズは上手く音が取れたか自身がありませんが(>_<)、おそらくこんな感じだろうとは思います。

 

5度ドミナントにあたるE♭7へ向かうダブルドミナントがこのB♭7です。ダブルドミナントはよくリディアン♭7スケールを使うと教則本に書かれていますが、ここでもその特性音である増4度のE♮と短7度のA♭が使われ、さらにそれらの音周辺を半音進行でつないでフレーズを作っています。

 

なによりもこの演奏におけるモーガンの後に引きずるようなアーティキュレーション(表情付け)やタイム感こそジャズを演奏する上で最も大切なものでしょうね。しかしこれが未成年の演奏とは信じられません・・・。

 

 

 

 

 

 当ブログの内容や理論面で分からない事、疑問点などがあれば、是非ご質問下さい。

 また音楽理論を本格的に勉強したい方のために理論書を作りましたので、興味のある方は御一考を。

loopin.hatenablog.com