名演から学ぶ、ジャズアドリブ研究

~脱初心者を目指す方へのジャズ研究ブログ~                                                              

MENU

あなたはこの会話に入ってこれますか?

「この曲はノンダイアトニックコードが少ないから面白味がないよね」「ジャズのセッションでペンタ一発とかありえねえっしょ、アハハ」

 

かなり適当かつアホっぽく書きましたが、もしこの会話を聞いて頭に「?」が浮かんだジャズ初心者の貴方にこそお伝えしたい。

 

別に理論を勉強しないとジャズは演奏出来ないと言うつもりはありませんが、最低これぐらいはどういう意味か(もしくはどれほど底の浅い会話か)ぐらいはわからないと厳しいかなと。

 

というのもあらゆる表現方法には、基本となる「型」のようなものがあるからです。その「型」を知らずに漫然と楽器を弾いているだけでは、上達するのに却って遠回りになるんですよね。

 

個性とか感性とかいうのはその基本を修めた上に存在するものだと思いますし、実際ジャズの偉人たちにしても決して理論面を軽視していたわけではありません。

 

特にモードジャズなんて理論先行で生まれた最たる形式で、まず先に音楽があってそれを後から理論的に解釈していく、というのとは違いますから。

 

とはいえ音楽理論って確かに字面からして難しそうですよね。分かります。人間だれでも楽譜アレルギーのようなものを少なからず持っている気がしますし。

 

f:id:loopin:20160802152640j:plain

 

でも断言します。音楽理論は難しくありません。これほどイメージと実態がかけ離れた理論なり学問なりって珍しいと思います。

 

もちろん奥は深いですが、実際の演奏や作曲をする上で必要となる知識は少なく、むしろ応用力のようなものが問われます。

 

ではその最低限の知識を身に付けるためには(冒頭のアホな会話に入っていくためには)、どうやって勉強するか?ということになりますね。

 

楽器を問わず、ジャズを学びたい全ての人にお薦め

 

そのための補助として、こちらの理論書を是非ご活用下さい。

 

確かに一度読んだだけですぐに理解できる内容ではないかもしれません。何度も読み返し、実際に楽器で音を出して確認しながら少しずつ学んでいくといいでしょう。

 

何よりもPDFデータですので、スマホに入れれば出先でいつでも確認できます。

 

通勤・通学の電車内や休憩時間など、楽器が手元にない時でも、何度も反復して読み返すことによって理解が深まるでしょう。

 

印刷物には無い電子書籍ならではの利点を最大限に活用してください。

 

もちろん分からない点があればいつでも当方にメールを下さい。理解し納得して頂くまでお答えしますし、ちょっとしたアドバイス等もさせて頂きます。

 

他にもご意見、ご感想、ご批判なんでも結構ですのでお寄せ下さい。まぁあまりに手厳しいのは勘弁ですが・・・

 

とにかく

 

初心者の方でも、これでスタートラインに立てます

 

    ・ジャズを演奏してみたい

    ・理論を学んで作曲や編曲をしたい

     

でも何から手を付けていいか分からない、そこのあなた。

 

      まずはここから手を付けてみて下さい。

             

             ↓↓↓↓↓↓