読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名演から学ぶ、ジャズアドリブ研究

~脱初心者を目指す方へのジャズ研究ブログ~                                                              

MENU

"You'd Be So Nice To Como Home To" by Art Pepper (2)

 

 まず冒頭の3小節はEmの循環進行になっています(0:13~0:18)。|Em7(Ⅰm7)→C#Φ7(ⅥΦ7)|F#Φ7(ⅡΦ7)→B7(Ⅴ7)|Em7(Ⅰm7)という形ですが、1小節3,4拍目のⅥΦ7はなしで、トニックマイナーのEm7を続けることも多いです。

f:id:loopin:20160614163029j:plain

 1小節目はEメロディックマイナー、2,3小節目はEマイナーペンタトニックスケールによるブルージーな節回しです。Emにとってのブルーノートに当たる減5度B♭の音が印象的で、ここはコード進行はあまり意識せずに吹いているようです。

 次はメジャーのⅡⅤフレーズです。(0:41~0:43)

f:id:loopin:20160614164554j:plain

 16分音符のかなり早いパッセージです。特にG7はかなり自由に吹いているようですが、2拍目表のD#から3拍目の頭のBまではEmM7のコードトーンが見出せます(E,G,B,D#)。

 もう一つメジャーのⅡⅤフレーズを見てみましょう。(1:02~1:06)

f:id:loopin:20160616132223j:plain

 Dm7の2拍目Fと半音下の4拍目Eがアクセントになっています。

 G7のフレーズはメジャーへのドミナント上で、D#という増5度(=短6度)というオルタードテンションを使用して緊張感を高めているのが特徴です。

 最後にもう一度マイナーの循環進行のフレーズです。(1:08~1:12)

f:id:loopin:20160616133656j:plain

 1拍目からEm7の1度E、短3度G、完全5度B、メロディックマイナー的な長7度D#、そして3拍目の表が9thF#とここまではコード分解的アプローチ、その後はEマイナースケール的なアプローチです。

 

 

 当ブログの内容や理論面で分からない事、疑問点などがあれば、是非ご質問下さい。

 また音楽理論を本格的に勉強したい方のために理論書を作りましたので、興味のある方は御一考を。

loopin.hatenablog.com