読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名演から学ぶ、ジャズアドリブ研究

~脱初心者を目指す方へのジャズ研究ブログ~                                                              

MENU

"You'd Be So Nice To Come Home To" by Art Pepper (1)

 コール・ポーター作の有名なスタンダードです。女性ヴォーカリストヘレン・メリルが、トランペット奏者クリフォード・ブラウンとの共演で録音したヴァージョン(アレンジはクインシー・ジョーンズ)も有名ですが、インストではこのアルト奏者アート・ペッパーの演奏が決定的な名演として知られています。

 この曲が収められた「Art Pepper meets The Rhythm Section」(1957年)はジャズの名盤、特に「初心者が最初に聴くべき一枚」としてよく紹介されています。

 白状しますが、私はこの作品を持っていません^^。ただ一曲目のこの曲だけは何度も聴いてはいますが。

 ここでバックを務めているのは当時マイルス・デイビスクインテットのレギュラーメンバーだった3人。レッド・ガーランド(p)、ポール・チェンバース(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(d)という最高峰の「Rhythm Section」を迎えての録音で、ペッパー自身相当びびっていたそうです。

 当時のペッパーは麻薬中毒真っ盛り。この時も不安を紛らわせるため、当日に麻薬を打って録音に臨んだとか。 

 透き通るようなペッパーのアルトサウンドは、ジャケットの印象とも相まって、カリフォルニアの光に溢れた開放感を与えてくれます。

 東海岸ハードバップの激しさやアングラな雰囲気とは対極で、これを洗練ととるか、淡泊ととるかは聴き手によるでしょうね。

 前述の通り、私はこの作品に限らずペッパーをあまり聴きこんでいませんが、この演奏は何度聴いても素晴らしい。

 次回、動画を使って分析します。

 

 

 当ブログの内容や理論面で分からない事、疑問点などがあれば、是非ご質問下さい。

 また音楽理論を本格的に勉強したい方のために理論書を作りましたので、興味のある方は御一考を。

loopin.hatenablog.com